美になる呼吸♡

毎日あたりまえにしてる呼吸。
その呼吸が美を遠ざけてるかもしれませんよ。

太く見えたり、本当に太くなったり・・・
老化が早くなったり・・・

できることなら、

酸素が細胞にまでいきわたり細胞から若返る呼吸♡
ウエストダウンする呼吸♡
太ももがサイズダウンする呼吸♡

したくないですか!?

はじめましょう!美になる呼吸♡

いい呼吸ができる姿勢はキレイな姿勢!?

体幹トレーニング・・・よく耳にするキーワードですね。

体幹は筋トレで鍛えるのではなく、呼吸トレーニングで鍛えられます。
体幹が鍛えられると、立ってる時や歩いてる時にカラダが安定します。そのため今まで安定を助けるため無駄に使っていた筋肉は解放されるんです。

解放されると、それぞれの役割だけに機能発揮できるので、カラダが軽くなったり動きが楽になったりします。それと、使いすぎて無駄に発達してしまった太ももの筋肉はスリムになるんです。上半身はスマートなのに太ももだけ太い。って人いますよね!?こんな方は要注意ですね。

体幹が鍛えられる呼吸をするには、姿勢が重要です!その姿勢は写真で見てもキレイなんです。
間違ったキレイな姿勢を脳でインプットしているとなかなか良い呼吸はできません。

カラダの機能や健康面より、何よりキレイになればいい、キレイに見られればいいなんて思ってる女性は多いですが、それは結果的にキレイを遠回りさせていたり、逆効果になってることもあるんですよ!

目先のキレイにとらわれず、日々プラスになっていくキレイを目指しましょう♡

今日の生徒さん♡今日のレッスン

お盆休みもあり、生活リズムが崩れてる方は多いのではないでしょうか?
生活が変わると、良くも悪くもカラダに何らかの影響があります。

今日の生徒さんは、月に1回、三重県からレッスンに通ってくれてます。

来られた時のカラダは、右足荷重、骨盤左回旋、胸郭左にスライドしてました。
動きと写真で本人さんに体感してもらいながらチェックします。

難しく書きましたが・・・単純にねじれと歪みのあるカラダはキレイではないですよね!
横から見た姿勢は、本人さんが一番びっくり!写真を見た一言目が『おじいさんみたい!』でした。
まだ30代!かわいいママさんなのにね。ほんと残念。

写真に写る横姿は、自分が想像する姿勢とはかなりかけ離れてます。猫背にならないように胸をはっているのが、後ろに倒れそうなくらい斜めになり、そのせいで頭のポジションが悪くなり顔を前に突き出してしまってるのです。

腰が痛い、首が痛い、呼吸が浅い。と生徒さんはおっしゃいますが、写真を見れば全て納得ですね。

そして、今日のレッスンは・・・
まずねじれを改善する動きをしてもらい、細胞から若返るために深い呼吸ができるように呼吸もレッスンしました。
呼吸を練習すると姿勢までキレイに♡写真をみて2人で思わず『キレイ♡』と、顔を見合わせました。そしてカラダも動きやすいと、ご感想いただきました。

動きやすいカラダはキレイを作る!動きにくいキレイは、本当のキレイを遠ざけるんですよ。

カラダが喜ぶ姿勢はウエストダウンする!?

なりたい姿勢とは・・・?
見た目はもちろんキレイな姿勢、そしてカラダも喜ぶ姿勢じゃないと意味がありません。
その姿勢を手に入れるためには、『呼吸』が重要です!!

レッスンに来られる女性の多くの方が、キレイな姿勢を意識的に作って、カラダに負担をかけてます。
本人さんは、負担がかかってることさえ気づいてません。

そんな姿勢を日々繰り返してるので、どんどん肋骨が広がり、肋骨の角度が変わってきます。おまけに呼吸も浅くなります。
浅い呼吸はカラダに良くないのはご存知だと思います。美容面でも、細胞の隅々まで酸素が運ばれないので、老化のスピードにも影響があるんですよ!

話がそれちゃいましたが・・・
肋骨が開いてくると、そのままウエストラインになりウエストが太くなるんです!
キレイな姿勢を意識している方なのに、間違った知識のせいでウエストがアップしてるなんて恐ろしいですね。

良い呼吸をすることは・・・
頑張らなくてもキレイな姿勢になり、カラダも軽く快適に動けて、ウエストダウンし、深い呼吸の影響で細胞が喜ぶ♡
そんな一石二鳥どころか何鳥にもなる呼吸をやらないなんてないですよね!

歩き方は教えません!

ウォーキングスクールと看板をあげてますが、ほぼ歩かず、歩き方も指導しません。

なぜなら、どこで着地してどこで蹴り出す、とか細かく指導してもらってそのように歩けますか?
しかもその歩きはカラダが楽ですか?

カタチはキレイに歩けてたとしてもカラダに負担がかかってるようでは、続きませんし将来の『美』にも繋がりません。

では、何をレッスンするのか?
歩き方を教えてくれないのに、どうしてリピートし続けてくれるのか?

答えは簡単です!
キレイに歩けるようにするだけ!カラダが軽く楽に歩けるようにするだけなんです。

その方が、日々自分でできるし、簡単だし、続けれるし・・・
いいこといっぱいなんです♡

本当の美を手に入れるには!?

カラダは正直です。脳はだませても・・・

この言葉わかりますか?
先日、参加した勉強会で先生がおっしゃってた言葉です。
意味はそのままです。

カラダから出ているサインに気づいてますか?カラダの声を聞いてあげてますか?
例えば、お昼ご飯。本当にお腹が空いたから食事をしてますか?時間がきたからと言って食事をしてませんか?
カラダの声を無視してお昼の時間だからとか、今食べとかないと後で食べる時間がないから・・・というのは、脳で考えて出た答えです。

日常、カラダの声を無視してきた結果がこれです。
初めてレッスンに参加された方が一番難しく思うところは、自分のカラダの感覚を自分自身で感じてもらうことです。自分のカラダの感覚さえわからないようでは、悪くなってるのにも、よくなってることにも気づけないんですよ。

私たちのカラダには素晴らしい感覚があるはずです。痛みがでてなかったら健康体、調子が悪くなれば病院に行って治してもらおうみたいに、人任せにするのではなく、自分のカラダは自分が一番理解してたいですね。自分の感覚なくして本当の健康は手に入らないように思います。健康なくして美も生まれませんよ。

忙しいからこそ効率よく効果的なモノを選択する!

先日、王寺南幼稚園の家庭教育学級で、ウォーキングセミナーを担当させていただきました。

子育て世代のママさんは毎日が忙しく、自分にかけれる時間があまりありません。

若さでなんとか乗り切ってますが、正直カラダはボロボロって方は少なくありません。それよりも、そんな状態になってることにも気づいてない方は多いです。

毎日忙しいからこそ、効率よく効果的なモノでカラダを守ってもらいたい。カラダを整えて、さらに動きやすく活動してほしいです。

そのためには、現状を知ることが1番!自分のカラダを知ることからはじめてくださいね♡自分のカラダの声を無視して改善はないですよ。

快適に動けるカラダがホンモノの美を作るのです!テクニックや意識だけでは、将来の美に繋がらないですよ。

背中キレイに若々しく!猫背卒業!

人の年齢を想像する時、どこを見て、何を材料に判断してますか?

ファッションやメイクの仕方、表情、もちろんお肌を見て判断しますよね。
それ以外に姿勢はかなり大きく影響しますよ!

先日、電車の乗り換え時にホームで見かけた女性です。
ファッションセンスもよく、上質なものを着ておられたので、人ごみの中でもすぐに目がいきました。
お顔も見ていない後ろ姿なのに、すぐにお年寄りだな。と判断しました。

お肌も表情も見てないのに、判断してしまうには、やっぱり姿勢が判断材料に大きく影響しているということです。ちゃんとお顔も見たらよかったと後から反省してます。でもね、いくらお肌がキレイで年齢を感じさせなかったとしても、その姿勢その背中はマイナスでしかありません。

だからって、背中に常に意識をし筋肉を緊張させてもなんの解決にもなりません。解決どころかカラダに不具合がでてもおかしくないですよ。まずは、背中を正しく動かすことです。背中の神経は1番鈍いと言われています。鈍いからこそ動かなくなってることにも気づいてないんですよ。毎日の動きの中で正しい動き、正しい使い方を癖付けてあげましょう。

長年かけて動かなくなったカラダは、1回がんばっただけでは改善しないのはわかりますよね!繰り返しカラダに教えるんです。赤ちゃんや子供の頃のようにね!カラダは正直です。やったらやっただけ必ず答えてくれますよ♡

どちらの足で立ってますか?

『どちらの足で立ってますか?』
こんな質問されると、どう答えますか?
2本足があるので、2本で立ってます!って、答える方が多いのではないでしょうか!?

自分のカラダに全意識を集中させて、感じてみてください。

その結果、両足が床に吸い付くようにピタっと、立ててる方は優秀!問題ありません。

なかなか両足で立っている方は少ないです。
それよりも、自分のカラダに意識を向け感じる。なんてことに慣れてなくて、いまいちわからなかった方の方が多いのではないでしょうか。

感覚の問題なので、これからカラダに意識を向ける回数を増やせば、どんどんわかるようになりますよ。
自分のカラダと向き合えない人は改善に時間がかかるので、私のレッスンでは、必須です!

そんな余談はおいといて・・・
一般人は軸足と利き足を使い分けてます。多くの方が左が軸足になります。
説明はここでは省略。また機会があればお話しますね。

初めの質問で、右に重心を感じた方は逆転しちゃってますね。左と答えた方も少々問題です。
矛盾してるように思われがちですが、どちらとはっきり答えが出るようでは、カラダに捻れが生じてることになります。

簡単な動きで捻れは改善できます。そのためにも、自分のカラダがどうなってるのか?人任せにしないで自分のカラダは自分で守りましょう!正しい認識次第で、美も健康も手に入りますよ!

キレイな姿勢は、日々のカラダの使い方次第!

日常生活の動きについて考えたことはありますか?日々、何度も何度も繰り返す動きです。
その動きは、正しいカラダの使い方ができてますか?

例えば、『前屈』。
日常生活の動きの中には、カラダを前屈させる動きがたくさんあります。前屈をした時にカラダが硬いか柔らかいかを感じることはあっても、前屈の正しい動きや正しいカラダの使い方を考えたことはないですよね。さらに、前屈を習うこともないですよね。

習わなくても、もしかしたら子供の頃は正しいカラダの使い方ができていたかもしれません。いろいろな原因はあると思いますが、いつの頃からか、アレンジが入り正しく使えなくなってしまってるんです。

その動きの癖が、今のあなたの姿勢に影響をあたえてます。キレイな姿勢を目指すなら、まずは日常のカラダの使い方を改善しましょう。キレイだけでなく日々カラダが楽で快適に動けるようにもなりますよ。

キレイでも、カラダは悲鳴をあげてるようでは意味がありません。快適に動けるカラダこそが、ホンモノのキレイを作るんですよ♡