自分のカラダを知ろう!

自分のカラダの声を聞いてあげてますか?

体重がどちらの足に多くかかっているのか?足裏のどの部分で立っているのか?骨盤の骨の位置、肋骨のカタチ、肩の高さなど、今の自分のカラダがどんな状態なのか知ってますか?

動作でもカラダを感じてください。同じ動きをやってるつもりでも、チェックすると左右同じではありません。自分のカラダを確認してもらうことをレッスン中によくしますが、わからない方や反対を答える方も少なくありません。

カラダの声にいつも耳を傾けず、無視したり、さらに鞭を打ってがんばらせたり、脳でごまかしたりしてると、感覚が鈍くなりカラダのサインに気づけなくなっていくんです。無意識にいつも使いやすい方だけ使ってたり、改善しようと間違った認識の方ばかり動かすとカラダはどうなるでしょう?

痛みがある時も気分が悪い時も、カラダは正直にサインを出してくれてます!一番わかってあげれるのは自分ですよ。